≪ブレッド バターの醸造家による最新作 世界の人気ブランド ≫○ フィオル ディ ソル シャルドネ "ベンド" カリフォルニア 2019 アメリカ 値下げ対象品 Bend 正規品 750ml 白ワイン Sole Chardonnay di Fior Chardonnay,その他,(正規品),ソル,/abator519735.html,[2019],"ベンド",Fior,ディ,フィオル,Sole,シャルドネ,[値下げ対象品][白ワイン][アメリカ][カリフォルニア][750ml],Bend,699円,luluhome.pl,カリフォルニア,di,≪ブレッド&バターの醸造家による最新作!≫○ 699円 ≪ブレッド&バターの醸造家による最新作!≫○ フィオル ディ ソル シャルドネ "ベンド" カリフォルニア [2019] (正規品) Fior di Sole Chardonnay Bend [値下げ対象品][白ワイン][アメリカ][カリフォルニア][750ml] その他 Chardonnay,その他,(正規品),ソル,/abator519735.html,[2019],"ベンド",Fior,ディ,フィオル,Sole,シャルドネ,[値下げ対象品][白ワイン][アメリカ][カリフォルニア][750ml],Bend,699円,luluhome.pl,カリフォルニア,di,≪ブレッド&バターの醸造家による最新作!≫○ 699円 ≪ブレッド&バターの醸造家による最新作!≫○ フィオル ディ ソル シャルドネ "ベンド" カリフォルニア [2019] (正規品) Fior di Sole Chardonnay Bend [値下げ対象品][白ワイン][アメリカ][カリフォルニア][750ml] その他 ≪ブレッド バターの醸造家による最新作 世界の人気ブランド ≫○ フィオル ディ ソル シャルドネ "ベンド" カリフォルニア 2019 アメリカ 値下げ対象品 Bend 正規品 750ml 白ワイン Sole Chardonnay di Fior

≪ブレッド バターの醸造家による最新作 世界の人気ブランド ≫○ フィオル ディ ソル シャルドネ

≪ブレッド&バターの醸造家による最新作!≫○ フィオル ディ ソル シャルドネ "ベンド" カリフォルニア [2019] (正規品) Fior di Sole Chardonnay Bend [値下げ対象品][白ワイン][アメリカ][カリフォルニア][750ml]

699円

≪ブレッド&バターの醸造家による最新作!≫○ フィオル ディ ソル シャルドネ "ベンド" カリフォルニア [2019] (正規品) Fior di Sole Chardonnay Bend [値下げ対象品][白ワイン][アメリカ][カリフォルニア][750ml]



[名人の] 破格新作
■飲んで驚き、調べて判明。驚異のクオリティを誇る
999円が、ブレッド&バター醸造家の新作だったお話

【Fior di Sole Chardonnay "Bend" California 2018】

* 「あの」シャルドネの兄弟分。 *




久々にビビっとシビれた999円。(その裏に、ヒミツあり)
それは本当に久々…「おおっ!」っと目の覚めるような、三桁カリ・シャルとの出会いでした。飲んで驚き、唸らされた999円、それがこちらの 『ベンド』、その’17年でした。

とはいえ最近のヴァリュー系ワインは本当によく出来ていて、「多彩で豊かな南国果実の甘味と旨味がある…」とここまでなら珍しくもありません。しかしこのシャルドネには、そこへ更に極めて質の良い「酸味」、そして心地よい固さを感じさせる「核」までもが備わっているのです。

だからヤワヤワあまあまし過ぎることなく、飲み心地に絶妙感な調和を、そしてフィニッシュにキレをもたらし、999円とは思えぬバランスと佇まいの良さを放っているのです。

でも、思ったんです…「そんなわけがない」と。聞いたこともないブランドではあるけれども、名もなき無名の新参者が、1000円切りで、ここまで完成度高きシャルドネを造れるはずがない…と。だから調べに調べました。

で、突き止めました、この事実。
ワインやワイナリー自体はとても有名なのに、誰が造っているのか知られていない…というケースは珍しくありません。今世紀最大のヒット・シャルドネとも言える、『ブレッド&バター』 にしてもそうでしょう。

当店よりブレッド&バターを「今年のMVP」としてご紹介させて頂き、大反響博したのが2015年(の’13年)でのこと。当時は全くの無名であり、内流通も皆無でしたから、あの時ご利用頂いた皆様こそが、今日のブレッド&バター・ブームの火付け役であると言っても過言ではありません。でも、そんな皆様でもおそらくご存知無いですよね、ブレッド&バターのシャルドネを誰が造っているのか。

これは私どもにとっても長らく謎だったのですが、ようやく突き止めました。その人物とは、イタリア人醸造家、ダリオ・デ・コンティ。

元々はブレッド&バターの当時の親会社である「アルコール・バイ・ボリューム社」とパートナーシップを結び、ブレッド&バターの醸造責任者を任されていたダリオ。急成長を遂げたブレッド&バターは、その後「MXワイン社」に売却されます。このタイミングで人事(醸造家)の変更があってもおかしくないのですが、ダリオはMX社買収後も引き続きメイキングを任されました。その腕をかわれてのことでしょう。

そしてダリオ・デ・コンティが醸造長(と最高販売統括者)を務める先こそが 『フィオル・ディ・ソル』 なのです。つまり「ブレッド&バターとベンドは、同じ人物によるシャルドネ」であり、これは正規インポーターも(知ってか知らずか)公表していない事実。ベンドの発売開始は2019年3月からで、既に広く販売されていますが、本日までの三ヶ月間、日本マーケットでこの記述は見当たりません(さて、今後どうなるでしょうか)。

オマケのついで情報ですが、弊社から三年前の2016年に「直近のヴァリュー系ナパでベスト」と申し上げたカベルネに 『カ・モミ』 があります。その後も頒布会で、そして福袋で…と一時は弊社にて大活躍したレーベルですが、そんなカ・モミとは「三人のイタリア人によるブランド」と申し上げました。そのうちの一人もまたダリオだったりします。


旨いわけですよ…今世紀最大のヒット・シャルドネを生み出した人物が手がけているのですから。勿論大きな企業ですから、直接現場での仕事を一人で全てこなしているとは考えにくいですが、しかし腑に落ちました、このクオリティの裏に彼の存在があると知って。


▼フィオル・デ・ソル(Fior di Sole)
35年間に渡り、ブドウ栽培、ワイン生産は勿論、畑と生産者の仲介、設備のレンタル、ブランディング、パッケージング、業務用卸し、一般小売…とワイン業界のあらゆる仕事をこなし、トータル・ビジネスで活躍し続けてきたフィオル・ディ・ソル。そんなフィオル・ディ・ソルの手がけるレーベルがベンドです。「BEND」とは「屈曲、カーブ、曲がったもの」…などを指す言葉。

人生には曲がり角や転換期があるもので、真っ直ぐな事のほうがむしろミステリー。曲がった先には何が待ち受けているのか…アドベンチャー溢れる人生をモチーフとし、「冒険心満載」を表現した名称で、ラベルにも「自然界の曲線」をあしらっています。カリフォルニアの高品質なブドウを使用し、しっかりとした果実味に程よい樽…そんなスタイルはむしろ「王道」ですが、しかしこの質と価格の両立は、まさに「冒険」です。

日本に輸入されているベンドは二種類。カベルネとシャルドネで、こちらではシャルドネをご紹介致します。

ヴィンテージが2019年になりました。【2021.7更新】

’17年よりも、果実甘味、樽感、強さなどがUP。逆に落ちたのは酸味とミネラル分。締りよりもボリュームを感じる、分かりやすいシャルドネとなっています。

所謂カリ・シャルのらしさあふれる作風で、パインや黄桃などの甘みの乗った完熟の南国果実の果実味がクリーミーな舌触りとともに口いっぱいに広がります。

優しい(優しすぎるほどの)酸味とオークヴァニラの樽の風味が、ジューシーかつフルーツフルなゴージャスさを導いています。

完熟果実の多種のあまみの旨味が噛むようにあり、ニューワールドの特色が出た、お料理不要のスタイル。お食事とともに…という場合には、アイス・キューブを2個ほど入れれば、爽やかさも出ていいかも知れません。

(※余談ですが、ワインは例えブランドやレーベルが違っていても、同じ会社が作っていると、バーコードの頭が一緒なんです。気になって見てみたら、B&Bとベンド、会社が違うのに同じ出だし…もしや醸造設備までもが同一!?)

この飲み応えで999円…良く出来きてるなぁ…といった印象。ブレッド&バターの醸造家が仕掛け人…というなら、「通りで!」と頷けるシャルドネでした。

■816本完売! 36本追加いたしました。

≪ブレッド&バターの醸造家による最新作!≫○ フィオル ディ ソル シャルドネ "ベンド" カリフォルニア [2019] (正規品) Fior di Sole Chardonnay Bend [値下げ対象品][白ワイン][アメリカ][カリフォルニア][750ml]

お知らせ一覧

最新ニュース

最新ニュース一覧を見る

スタッフいちおし

いちおしをもっと見る

最近追加された用語

用語集をもっと見る

人気ランキング

  • ランキングを全て見る

    特集記事一覧

    特集記事を全て見る

    最新のコメント

    コメントを全て見る