634円 ナチュリエ / ナチュリエ スキンコンディショニングジェル ナチュリエ スキンコンディショニングジェル(180g)【ナチュリエ】 美容・コスメ・香水 スキンケア 美容液 ナチュリエ スキンコンディショニングジェル 180g ファクトリーアウトレット ナチュリエ スキンコンディショニングジェル 180g ファクトリーアウトレット /imperate117580.html,スキンコンディショニングジェル,ナチュリエ,luluhome.pl,/,634円,ナチュリエ,スキンコンディショニングジェル(180g)【ナチュリエ】,美容・コスメ・香水 , スキンケア , 美容液,ナチュリエ 634円 ナチュリエ / ナチュリエ スキンコンディショニングジェル ナチュリエ スキンコンディショニングジェル(180g)【ナチュリエ】 美容・コスメ・香水 スキンケア 美容液 /imperate117580.html,スキンコンディショニングジェル,ナチュリエ,luluhome.pl,/,634円,ナチュリエ,スキンコンディショニングジェル(180g)【ナチュリエ】,美容・コスメ・香水 , スキンケア , 美容液,ナチュリエ

ナチュリエ 最新アイテム スキンコンディショニングジェル 180g ファクトリーアウトレット

ナチュリエ / ナチュリエ スキンコンディショニングジェル ナチュリエ スキンコンディショニングジェル(180g)【ナチュリエ】

634円

ナチュリエ / ナチュリエ スキンコンディショニングジェル ナチュリエ スキンコンディショニングジェル(180g)【ナチュリエ】



お店TOP>化粧品>化粧水・ジェル>ジェル>保湿ジェル>ナチュリエ スキンコンディショニングジェル (180g)

商品区分:化粧品

【ナチュリエ スキンコンディショニングジェルの商品詳細】
●すっと浸透、もちっと潤うハトムギ保湿ジェル(ジェル状美容液)
●みずみずしくてしっかり浸透(角層まで)。みずみずしいジェルに天然ハトムギエキス(保湿成分)を配合した高浸透処方。すっとなじんで肌をうるおいで満たし、もちもちの肌に
●ベタつかないのにしっとりうるおう。肌表面にもきちんととどまって、油分に頼らずうるおいをキープ。他のスキンケアの浸透(角層まで)を妨げず、メイク崩れのもとにもなりません。
●やさしい処方でたっぷり使える。無香料・無着色・低刺激性・アルコールフリー・ノンコメドジェニックテスト済み※
●肌タイプや季節、シーンでいろいろ使えるマルチユースジェル
・化粧水の後、乳液やクリームの前に、保湿美容液として
・メイク崩れやニキビの元になる油分を避けたいときに、乳液やクリームの代わりに
・風呂上りなど、とりあえず保湿しておきたい肌に
・手軽にスペシャルケアしたいときに、たっぷり乗せてジェルパックとして
・ベタつきを避けたいボディにも
※すべての方ににきびのもと(コメド)ができないというわけではありません。

【成分】
水、グリセリン、DPG、ジメチコン、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、トコフェリルリン酸Na、ハトムギエキス、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、BG、PEG-12ジメチコン、水酸化Na、カルボマー、ダイマージリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)、ミリスチン酸オクチルドデシル、トコフェロール、メチルパラベン

【原産国】
日本

【ブランド】
ナチュリエ

【発売元、製造元、輸入元又は販売元】
イミュ

リニューアルに伴い、パッケージ・内容等予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

(naturie SKIN CONDITIONING GEL)

イミュ
104-0061 東京都中央区銀座4-8-10
03-3358-6970

広告文責:グループ株式会社
電話:050-5577-5043

[美容液/ブランド:ナチュリエ/]

ナチュリエ / ナチュリエ スキンコンディショニングジェル ナチュリエ スキンコンディショニングジェル(180g)【ナチュリエ】

')

<title>ナチュリエ スキンコンディショニングジェル 180g ファクトリーアウトレット " name="keywords"/> " name="description"/>
English

研究所概要

基礎生物学研究所は、生物現象の本質を分子細胞レベルで解明することをめざし、細胞生物学、発生生物学、神経生物学、進化多様性生物学、環境生物学、理論生物学、イメージングサイエンスの7つの研究領域にわたる幅広い研究活動を行っています。

研究所概要

基礎生物学研究所は、生物現象の本質を分子細胞レベルで解明することをめざし、細胞生物学、発生生物学、神経生物学、進化多様性生物学、環境生物学、理論生物学、イメージングサイエンスの7つの研究領域にわたる幅広い研究活動を行っています。

自然科学研究機構

総合研究大学院大学

大学連携
バイオバックアップ
プロジェクト

調達関連情報