ナタリーノ,プレーテ(1000ml),luluhome.pl,1771円,赤ワイン,(,2019,その他,[,クオティディアーノ,/imperate518880.html,),],デル ナタリーノ,プレーテ(1000ml),luluhome.pl,1771円,赤ワイン,(,2019,その他,[,クオティディアーノ,/imperate518880.html,),],デル 1771円 クオティディアーノ [ 2019 ] ナタリーノ デル プレーテ(1000ml) ( 赤ワイン ) その他 クオティディアーノ 2019 ナタリーノ 国内在庫 デル 赤ワイン プレーテ 1000ml クオティディアーノ 2019 ナタリーノ 国内在庫 デル 赤ワイン プレーテ 1000ml 1771円 クオティディアーノ [ 2019 ] ナタリーノ デル プレーテ(1000ml) ( 赤ワイン ) その他

クオティディアーノ 2019 ナタリーノ 国内在庫 店内限界値引き中&セルフラッピング無料 デル 赤ワイン プレーテ 1000ml

クオティディアーノ [ 2019 ] ナタリーノ デル プレーテ(1000ml) ( 赤ワイン )

1771円

クオティディアーノ [ 2019 ] ナタリーノ デル プレーテ(1000ml) ( 赤ワイン )





■輸入元様資料より抜粋■
プーリア州のナタリーノ デル プレーテからも新しいワインが2つ届きました!

ナタリーノにとっての2019年ヴィンテージは、2018年に続き、厳しいものとなりました。2018年は収穫直前の雨とその直後の暑さで、ブドウがはぜてしまい、畑に近づくだけでお酢っぽい香りが…。2019年は、防除が必須な時期に雨が多かったにもかかわらず、銅の使用量を減らすためにボルドー液の散布回数を減らしたら、大半の葉っぱが落ちてしまい…。ナタリーノも参加しているアンジョリーノが主宰を務める生産者グループ、ヴィン ナトゥールの集まりで、銅の使用量を年間2kg未満にしようと決まったから、それに従うことにしたそう…。

『アンジョリーノの友人として、彼や他の造り手たちと一緒に決めたルールに従えたことを誇りに思う。』とナタリーノ。約束は守ったかもしれないけど、ブドウ樹は明らかに苦しんでいる…。その事を問いただすと、天候に恵まれた年でも、ほぼ海抜ゼロメートルのナタリーノの畑では2kg未満に使用量をとどめるのは難しいと言うではありませんか!

『ナタリーノ、もしもアンジョリーノの事を本当に友達だと思っているのなら、ナタリーノの土地の事情をアンジョリーノにも分かってもらうように努力しないと!土地や造り手によって様々な状況があるわけだから、数字でルールを策定するのは、難しいよって散々アンジョリーノには言ってきたんだけどな…。今度会った時に言っとくよ!』とオータ。そしてこの文章を書いている今この瞬間、ヴィン ナトゥールのレギュレーションを再度確認したのですが、銅の使用量は3kg未満/年となっていました(笑)。

葉っぱの量が少なかったため、十分な光合成が行えず、結果としてワインは総じて低アルコール度数に…。その中でも最も度数の上がらなかったワインを1リットルに詰め、クオティディアーノ(日常の、毎日の、の意)という名前でリリースすることに。ナタリーノ名義にはなっていますが、愛娘ミーナからのこのご時世を生きる我々へ向けたメッセージカードも付いています!

もう1つは、ネグロアマーロで造ったロゼ、イルプローディゴ!光合成不足により熟し切ることのなかったブドウの特性を逆利用すべく、ロゼに仕立てたとオータは踏んでおります…。どちらもザックザクな飲み心地です!

INFORMATION
NameQuotidiano Natalino del Prete
ブドウ品種ネグロアマーロ
生産者名ナタリーノ デル プレーテ
産地イタリア/プーリア
RegionItaly/Puglia
内容量1000ml
WA-/Issue -
WS-/Issue -

★冷暗所での保管をお勧めします。


クオティディアーノ [ 2019 ] ナタリーノ デル プレーテ(1000ml) ( 赤ワイン )

')

<title>クオティディアーノ 2019 ナタリーノ 国内在庫 デル 赤ワイン プレーテ 1000ml " name="keywords"/> " name="description"/>
English

研究所概要

基礎生物学研究所は、生物現象の本質を分子細胞レベルで解明することをめざし、細胞生物学、発生生物学、神経生物学、進化多様性生物学、環境生物学、理論生物学、イメージングサイエンスの7つの研究領域にわたる幅広い研究活動を行っています。

研究所概要

基礎生物学研究所は、生物現象の本質を分子細胞レベルで解明することをめざし、細胞生物学、発生生物学、神経生物学、進化多様性生物学、環境生物学、理論生物学、イメージングサイエンスの7つの研究領域にわたる幅広い研究活動を行っています。

自然科学研究機構

総合研究大学院大学

大学連携
バイオバックアップ
プロジェクト

調達関連情報